岡山で勉強会に参加しました②


①の続きです。


先日の勉強会の中で印象的だったのが「流れ」のお話です。


生物は「流れ」のシステムを備えているという考え方です。

「流れ」とはすなわち受け取って出すことであり、

人間で言う吸収→循環→排泄がそれに当たります。


吸収とは食事をしたり、呼吸で酸素を取り入れたりすること。

循環とは取り入れたものが血液で体中に運ばれたり、

体の細胞をつくったりすること。

排泄とは便や尿を外に出したり、二酸化炭素を吐いたりすることです。


「流れ」の失調が「病気」

「流れ」の低下が「老化」

「流れ」を維持する力が「自然治癒力」


このように「流れ」という言葉を使うと

病気や老化などの現象も理解しやすくなると感じました。


皆様の「流れ」を整えたり、高めたりする

お手伝いができるように努めたいと思いました。

ぜひお気軽に大倉薬局へご相談ください。

15回の閲覧

© 大倉薬局 Wix.comを使って作成されました